臨床発達心理士という仕事

こんにちは。
臨床発達心理士のChikaです。

今回は私の肩書きでもある
「臨床発達心理士」の資格とお仕事について
ご紹介します。

「臨床発達心理士」とは?

 
似た名前の資格で
「臨床心理士」がありますが
こちらの方が
TVや映画などで題材にされていることもあるので
馴染みがあるかもしれませんね。

では「臨床発達心理士」とは何者なのか

臨床発達心理士認定運営機構HPから
簡単にまとめたものがこちらです。
臨床発達心理士
 
上記にあるように
臨床発達心理士は
特性等を発達的観点で捉え
具体的な支援をしていく専門家
です。

とはいっても
なかなかピンときにくいと思いますので
  ◻︎「どういうことを専門にしているのか」
  ◻︎「どこでどんな仕事をしているのか」
という点について
もう少し詳しくお話していきたいと思います。

どんな問題に対応しているの?

 
まず実際に
どのようなことに対応しているかというと…
育児支援・発達障がい
 
上記は一部ですが
子育てや発達障がい等に関することから
社会適応についてまで幅広く対応しています。

どんなところでどんな仕事をしているの?

 
対象とする方は
子どもから大人まで幅広いのですが
やはり実際の仕事場としては
子ども・家族に関係した場所が多いです。

ここでは
お子さんを対象としたお仕事内容を一部ご紹介。
乳幼児健診・療育
 
区や市といった公的な機関の他にも
民間の専門機関でのお仕事も多くあります。

おわりに

 
 
  
 
簡単な説明になりましたが
「臨床発達心理士」という資格について
少しイメージがわきましたでしょうか?
「こんな資格があるんだなぁ」と
ぼんやりでも知っていただけたら嬉しいです。

資格についてもっと詳しく知りたい方は
臨床発達心理士認定運営機構HPを
見てみてくださいね。

関連記事

  1. 「僕らしさ君らしさ」

  2. 子ども達に伝える前に、大人も。

  3. 「正しい」子育てって?⑴

  4. 朝の身支度(考え方編)

  5. 子どもも大人も #8月31日の夜に

  6. 「わからない」「できない」を知る