お母さんのための手帳術〜時間を整えて心地いい暮らしを〜

※12月の募集は終了しました
自分時間のつくりかたLessonが
「お母さんのための手帳術〜時間を整えて心地いい暮らしを〜」講座として
12月からリニューアル!

かねてよりリクエストをいただいていた手帳術をたっぷりと加え
毎日いそがしいお母さんが
無理なく心地いい暮らしを作っていくことができる講座内容にパワーアップしました。

 めまぐるしく過ぎていく毎日 


家事に仕事に子育てに…
毎日めまぐるしく過ぎていって
なんだかいつも時間に追われている。

自分のための時間を作りたいと思っているけれど
日々のことで精一杯。

◻︎自分の時間がほしい
◻︎時間を上手に使えるようになりたい
◻︎理想の暮らしをしたい
そんな風に思って
手帳術や暮らしに関する本を
読んでみることもある。

でも実際にやるのは難しいし続かない。

やっぱり私には無理なんだ。

  そんな風に思っている方へ 


本と同じようにできないのは
あなたのせいではありません。

人それぞれで「心地よさ」に違いがあるように
理想の暮らしを実現していく方法も
手帳の使い方も人によって違います。

だからこそ
あなたにぴったりの方法を見つけることが大切です。


この講座では「手帳の使い方」にとどまらず
あなたの心地よさを大切にした
次の日から無理なくご自身の暮らしで実践できる
あなただけの方法をお伝えしていきます。

ご自身に合った方法を見つけることで
日々の時間の使い方が上手になります。

新たな時間を作り出すことができるようになると
「自分時間」も作ることもできるようになります。

そうすると気持ちに余裕がうまれ
お子さんとも穏やかに過ごせる時間が増えていきます。

このいいサイクルがまわせるようになると
今まで想い描き続けていた「理想の暮らし」を
簡単に実現することができます。

 手帳をもっていなくても大丈夫 


▲テキスト例▲
講座ではオリジナルテキストと
手帳のオリジナルフォーマットを使って進めていきますので
手帳をお持ちでないかたも
今まで使ってはいるけれどうまく使えてない
というかたでももちろん大丈夫。

オリジナルフォーマットは
・マンスリー(月間)
・ウィークリー(レフトタイプ・バーチカルタイプ)
・デイリー
・ガントチャート
…etcの様々なタイプをご用意していきますので
ご自身の暮らしやお子さんとの生活の中で使っていきやすい
手帳のタイプも見つけていくことができます。

☑︎来年こそは時間を上手に使えるようになりたい
☑︎手帳をうまく活用したい
という方にもおすすめです♪

手帳を相棒に、時間を整えて
ごきげんで心地いい毎日に変えてみませんか?

 講座概要 

《内容》
お母さんのための手帳術〜時間を整えて心地いい暮らしを〜

《日時》
下記よりご希望日時をお選びください。
※細かな時間の調整はお申込み後おこないます。

♦︎12月11日(月)
<満席>午前(10:30〜13:00までの間の60分)
<満席>午後(13:30〜15:30までの間の60分)

♦︎12月12日(火)
<満席>午前(10:30〜13:00までの間の60分)
<満席>午後(13:30〜15:30までの間の60分)

♦︎12月18日(月)
<満席>午前(10:30〜13:00までの間の60分)
午後(13:30〜15:30までの間の60分)

♦︎12月19日(火)
午前(10:30〜13:00までの間の60分)
<満席>午後(14:00〜16:00までの間の60分)

♦︎12月25日(月)
<満席>午前(10:30〜13:00までの間の60分)
午後(14:00〜15:30までの間の60分)

《場所》
◻︎代官山
※オンライン受講も対応しております。
ご希望の方はご予約フォームの備考欄にお書きください。

《対象》
子育て中のお母さん
※お子様連れもOKです

《料金》
個別講座60分:3000円(税別)
※12月限定価格です

《お支払い方法》
お支払い方法は
◻︎銀行振り込み(事前振り込み)
◻︎クレジットカード払い
(VISA、MasterCard、American Express、Diners Club、Discover対応)
のいずれかをお選びいただけます。

※振り込み手数料は各自のご負担となりますこと、
クレジットカード払いは手数料3.25%が加わりますことをご了承くださいませ。

お申し込みは下記よりお願いいたします。

お申し込みはこちらから

お会いできることを楽しみにしています。

関連記事

  1. 週末・月末におすすめの手帳時間

  2. 子育てオンラインサポートコース 開設します

  3. 「正しい」子育てって?⑴

  4. うちの子、言葉がゆっくり?(お家でできること②)

  5. 保育園に落ちてしまった人へ

  6. ひっくり返って泣いて暴れてどうしようもない時。